はちひろの雑記帳!題して「夢ノート」

両極端な趣味の「登山」と「プラモデル」を軸に、ブログ収益化やお金についてなどいろいろ書いていきます!

【プラモデル】MGサザビーver.ka 水転写デカールの貼り方とスミ入れコツ

ガンプラの水転写デカールを貼ったことのある方はいらっしゃいますか?

 

f:id:ffnet:20180913053340j:plain

ほとんどのキットには普通のシールが同梱されていると思います。

最近のキットこそかなり薄いマーキングシールになりましたが、それでも水転写デカールにかなうものはありません。

 

ここでは水転写デカールの貼り方とスミ入れについて説明します!

 

この記事は以下の内容になってます。

 

 

 

水転写デカールとは

簡単に言うとシールの一種です。

 

説明しましょう。

 

普通のシールは台紙からペリッと剥がして貼りたいとこに貼ります。

 

メリットとしては非常に使い勝手が良い。

 

反面デメリットは分厚いことが挙げられます。

 

普通のシールも貼りたいところにあらかじめ薄っすら水を付けておくと、若干ノリが弱くなり、微調整し易くなります。

 

ガンプラ初心者は普通のシールをキチンと貼り付ける事から始めてみてもいいかもしれません。

 

 

水転写デカールは普通のシールとは違い、台紙から剥がすために水に浸けます。

 

水転写デカールのメリットは薄い!

あまりにも薄すぎて貼ってあるのが分からなくなるくらい。

なので、本当に印刷されているかのような仕上がりになります。

 

反面デメリットは扱いづらさ。

何度も貼れるようなものでもなく、薄いため破れる可能性も大きいです。

一度絡まってしまうとジ・エンド。

そのデカールが助かる確率は5%です。

 

f:id:ffnet:20180913053451j:plain

水転写デカールの貼り方

台紙から剥がすために水に浸けます。

浸けっぱなしではなく一瞬水にドボンと浸けてティッシュの上に乗せて待ちます。

30秒ほどでしょうか。

 

ピンセットでデカールを「台紙ごと」つまんでみてください。

そのままズラして見てデカールも一緒にズレてくれば剥がしてもOKです。

 

まだ台紙とくっついているのに無理に剥がそうとすると破れるので注意。

 

そのまま貼りたいところへデカールを乗せます。

水分がしっかりと付いていればキットの上を自由自在にズラすことができます。

そこで微調整して下さい。

 

位置が決まったら綿棒で水分を取ります。

綿棒を動かすのではなく、押し付けるような感じ。

水分をデカールから外にはみ出させるイメージですね。

 

まだしっかり定着してませんが、完全に乾いたらしっかり定着します。

 

必要な道具はこれだけ

f:id:ffnet:20180913053831j:plain

 

デザインナイフを入れるの忘れてました。

台紙から切り出すのにデザインナイフが必須です。

 

あと欲を言えばデカール専用のピンセットがいいと思います。

 

ちなみにこのピンセットは200円くらいですが、デカール専用のピンセットは1000円くらいします。

しかしつかみやすさと、離れやすさが違います。

 

このピンセットですとデカールが食いついてなかなか離れない事があります。

 

マークセッターとマークソフター

ここで登場するのが水転写デカールの友、マークセッターとマークソフター!

これの有る無しでデカールの定着力や仕上がりが変わります。

 

説明します。

 

マークセッター(青いビンの方)

デカール軟化剤と糊成分が入ってます。

 

 

マークソフター(緑のビンの方)

デカール軟化剤のみ入ってます。

 

 

ということで、マークセッターがあれば事足ります。

 

 

ガンプラを作っていてマークソフターが必要になったことがありません。

軟化剤とは、その名の通り柔らかくする成分で、曲面に貼り付けるとき役立ちます。

 

しかしマークセッターの軟化成分で十分なのです。

なのでどっちを買えばいいか迷っている方はマークセッターを買いましょう。

 

 

貼り方のコツ

これは私の場合ですが、

 

デカールを水に浸けて置いている間に

 

 

マークセッターを貼りたいところにチョン付けしておきます。

1滴が目安。

 

そして台紙から剥がしたら、マークセッターの水滴の上にデカールを置きます。

そして位置の微調整をして、綿棒で余分な水分をとります。

 

こうする事で貼りミスがかなり減ります。

さらにデカールの下に糊がしっかり入り、より強固なものになります。

 

注意点はマークセッターの水滴が大きいと微調整したときに水滴の上をごく自然に滑ってしまうことがあると言う事です。

何度位置決めしても動いてしまうので、余分な水分を先に取ってから貼り付けるといいと思います。

 

 

MGサザビーver.kaはかなりたくさんのデカールを貼ります。

毎日少しずつ行うのがいいでしょう。

 

私もようやく脚を貼り終わりました。

f:id:ffnet:20180913053543j:plain

 

腕なども終わっているので残るは腰と胴体のみです。

 

 

ここでも武器からやっておくことをオススメします。

www.hatihiro.com

 

スミ入れが先?デカールが先?

ガンプラ初心者の方はここで迷われると思います。

 

キットを組み立てた!

さて、どっちを先にすれば良いのか、、、。

 

答えは簡単!

先にスミ入れです。

 

理由は、、、後でスミ入れを行うと、デカールがしっかり定着していなかったときに(中に空気が入っていたりして)スミ入れの塗料がデカールの下に入り込む、事があるからです!

 

また、キットの溝(モールドといいます)をまたぐようなデカールもあり、モールドに塗料を流し込むのですが、デカールの下に入り込みます。

 

そして、先にデカールを貼るメリットは無いからです。

 

よって、先にスミ入れしましょう。

 

ちなみに私のサザビーは先にデカールを行なってしまいましたw

間違えました。

 

 

このまま貼れるだけ貼っちゃいます。

 

 

スミ入れはエナメル塗料がオススメですよ。

スミ入れペンは滲んじゃって難しいです。

 

僕の経験ですけど。

 

貼り終えるのにもう少し時間かかります。

少々お待ちくださいませ。

 

 

まとめ

水転写デカールは扱いづらいが仕上がりが段違い!

 

マークセッターを買えばさらに貼り易く、強固になる!

ピンセットもデカール貼り用のものを買うとさらに良い!

 

貼りたいところにマークセッターを先にチョン付けする!

 

デカールの前にスミ入れを終わらせておく!

 

 

みなさま楽しいプラモライフをお過ごしくださいませ。